情報漏洩“体験”セミナー2017 (東京会場)

今回はサイバー攻撃のなかでも群を抜いてニュースにも取り上げられる情報漏洩について解説したいと思います。
情報漏洩は一たび起こると、運営していた企業の信用を著しく傷つける恐れがあるばかりか、利用していたユーザーに実質的な被害が及ぶケースもあることから社会的責任が重いインシデントです。

情報漏洩が起こると!?
⇒企業の信用が著しく失墜!!
⇒顧客への膨大な保証が必要!!
⇒一度離れた顧客はその3割は戻ってこない!!

などなどその悪影響は信用から実質的金銭被害まで膨大です!!

今回は今さら聞けない情報漏洩と銘打ち、情報漏洩の事例をもとに、攻撃者の手口、そして情報漏洩した場合のその後の対応により想定される企業の命運、そして有効な対策とは?をまとめて分かりやすく解説します!


【対象者】

・中小企業の経営者

・中小企業のサイバーセキュリティ担当者  

→自社に今後、セキュリティ対策を導入したいが、ポイントを知りたい方

→自社の経営者を説得したいセキュリティ担当者の方

→自社のセキュリティ対策が正しいかを確かめたい方  

【セミナー参加特典】

セミナー参加者でお名刺交換させていただいた企業様には自社ネットワーク内の脆弱性を診断できる『プラットフォーム脆弱性診断サービス』をプレゼント!

・健康診断のように診断いただけます。

・診断後は詳しいレポートをご提供します。

・診断は疑似サイバー攻撃を行います。ビジネスデイ以外(週末など)の診断もご相談いただけます。

 

【開催概要】

◆日時:2017年10月24日(火)16:00開場 16:30~18:00

◆場所:

場所:AP品川10階(F)
東京都港区高輪3-25-23
京急第2ビル ・10F 

※JR「高輪口」から右手方向に約3分です

◆アクセス:https://www.tc-forum.co.jp/kanto-area/ap-shinagawa/shn-base/

【セミナー内容】

●情報漏洩が引き起こす具体的被害とは
●情報漏洩はどうやって起こるのか?被害事例から解説
●情報漏洩を起こした企業のその後の運命は?
●情報漏洩を起こさないための具体的、かつ有効な対策は?
●実機PCによる情報漏洩デモンストレーション

※セミナー終了後、個別質問の時間を設けております。

セミナーのちらしはセミナーちらし10月からダウンロードいただけます。

セミナー申込フォーム

<