ニッポン放送 不正アクセスを受け情報漏洩

ニッポン放送によると同社が運営する音声サービス「Radital」(読:ラジタル 以下:Radital)のサイトに対して不正なアクセスを受け、Webサイトの改ざんと情報漏洩した恐れがあると発表しました。※現時点では情報漏洩の事実は確認されていないとのこと。

【経緯】

・3月11日(土)14時頃より、当社音声サービス「Radital」のサイトにおいて、一部改ざんを確認し、 調査の結果、Apache Struts2の脆弱性を利用した不正アクセスがあり、下記の情報が流出した可能性があることが判明しました。

【漏洩した恐れのある情報】

音声サービス「Radital」のサイトの商品発送フォームから作成された 氏名・住所・電話番号・メールアドレス11,330件(2012年10月18日~2017年3月1日の期間の利用者)
※クレジットカード情報は含まれておりません。

当社音声サービス「Radital」会員のメールアドレス・ニックネーム・生年月45,984件  (2012年9月3日~2017年3月11日の期間の登録者)
※氏名・住所・電話番号・クレジットカード情報は含まれておりません。

クレジットカードの情報に関しましては、別システムのため、流出の可能性はありませんとのことです。

【現状】

3月11日(土)16時に当社音声サービス「Radital」サイトをネットワークから遮断し、情報流出を防止する対策を実施しています。

【今後の対応】

情報流出した可能性のあるユーザーについては、個別にご連絡をするとしています。また今後このような事態を招かないよう、再発防止について取り組んでまいりますとしています。

【本件に関するお問い合わせ先】
電話番号: 0120-584-456(フリーダイヤル)
ご案内時間:9:30~18:30

また同社によると本件に関して情報流出の恐れがあるご利用者様に電話・郵便・メール等で、銀行口座やクレジットカード情報、暗証番号、マイナンバーをお伺いすることはないので不審なメールなどには注意して欲しいとのことです。

詳細;株式会社ニッポン放送

 

 

<