東急ハンズ通販サイトにサイバー攻撃 カード番号など流出か

「東急ハンズ」の通販サイト「ハンズ・ギャラリーマーケット」がサイバー攻撃にあい、不正アクセスされていたことが2016年9月にわかったとのことです。第三者機関にて調査した結果、ことし1月から9月までこのサイトを利用し商品を買ったユーザーの「名前、住所、クレジットカード番号」861人分が流出したとのことです。
また10人については何者かが不正利用しようとした形跡があったがクレジットカード会社が事前に察知し決済を止めたことで実際の被害は免れたとのことです。
会社側では警察に被害届を出すとともに個人情報が流出したおそれがある顧客に対し、電子メールや郵便で、個別に連絡するとしています。

東急ハンズ お客様窓口
フリーダイヤル0120-301-405
平日 午前10時~午後7時(10月1日・2日は土日も対応)

------------------------------------------------------------------
1.経緯
2016 年 9 月 9 日、一部のクレジットカード会社から、弊社通販サイトを利用したお客様のクレジットカード情報の流出懸念について連絡を受け、弊社が運営する通販サイト
「ハンズ・ギャラリー マーケット」・「東急ハンズネットストア」・「アートメーター」を利用停止。

同時に、社内での対策本部を設置、第三者調査機関による調査も開始。
9 月 26 日、調査機関による調査が完了し、2016 年 1 月 4 日~9 月 9 日の期間に「ハンズ・ギャラリー マーケット」で作品を購入されたお客様の情報が流出し、一部の
お客様のクレジットカード情報が不正利用された可能性があることを確認。
以上の事実が確認できたため、発表に至る。

2.個人情報流出状況
(1)原因
弊社通販サイト「ハンズ・ギャラリー マーケット」のシステムの一部の脆弱性をつい
たことによる第三者の不正アクセス
(2)個人情報流出の可能性があるお客様
2016 年 1 月 4 日~9 月 9 日の期間中に「ハンズ・ギャラリー マーケット」で作品を
ご購入されたお客様

3.お客様へのお願い
身に覚えのないクレジットカード利用の形跡がないか気を付けてほしいとのこと。

4.再発防止策ならびに通販サイトの再開について
弊社はこのたびの事態を厳粛に受け止め、調査結果を踏まえてシステムのセキュリティ
対策および監視体制の強化を行い、再発防止を図ってまいります。
改修後の「ハンズ・ギャラリー マーケット」の再開日につきましては、決定次第、改め
て Web サイト上にてお知らせいたします。
なお、「アートメーター」は既に再開済み、「東急ハンズネットストア」につきましては本日より再開いたします。
また、弊社は今回の不正アクセスにつきまして、監督官庁である経済産業省へ報告し、
警視庁サイバー犯罪対策課に被害を申告しており、今後捜査にも全面的に協力してまい
ります。

5.本件に関するお問い合わせ窓口
≪東急ハンズ お客様相談窓口≫
・期 間:2016 年 9 月 30 日(金)~2016 年 12 月 28 日(水)
・受付時間:10:00~19:00(土・日・祝日除く)
※10 月 1 日(土)・2 日(日)はご利用いただけます。
・電話番号:フリーダイヤル 0120-301-405(携帯電話、IP 電話からもご利用いただけます)
・メールアドレス:info@hands-gallery.com

詳細;東急ハンズ
<